Contents

展覧会情報

バナー画像
これからの展覧会

青空は、太陽の反対側にある:原美術館/原六郎コレクション

会期:第1期(春夏季) 2023年3月24日(金)-9月3日(日)
第2期(秋冬季) 2023年9月9日(土)-2024年1月8日(月・祝)

(左)奈良美智『Eve of Destruction』2006年 カンヴァスにアクリル絵具 117.0x91.0cm ©Yoshitomo Nara
(右)『青磁下蕪花瓶』南宋時代 磁器 撮影:上野則宏

国宝「青磁下蕪花瓶」と「青磁袴腰香炉」が東京国立博物館からお里帰り
「青磁袴腰香炉」は明治期以来の一般公開、希少な「光悦謡本」は初公開
(「青磁下蕪花瓶」、「青磁袴腰香炉」の展示は2023年3月24日から4月26日まで)



来春、原美術館ARCでは、「青空は、太陽の反対側にある」展を開催いたします。作品制作や鑑賞のあり方の一端を表す言葉を当館の豊かな自然環境に求め、「青空は、太陽の反対側にある」と題し、「原美術館コレクション」(現代美術)と「原六郎コレクション」(東洋古美術)を春夏季と秋冬季の2期に分け展観いたします。

■本展の見どころ
①当時の“女性アーティスト”の枠に囚われず、彫刻表現を拡張した久保田成子や、美術の伝統的価値に異を唱えた「反芸術」の作家など、当館が40余年の歳月をかけ収集した現代美術家の作品を紹介。
②明治の実業家・原六郎の収集品から、通常は東京国立博物館に寄託している国宝『青磁下蕪花瓶』と『青磁袴腰香炉』が里帰りする他、「光悦本」と呼ばれる希少な古活字本、『謡本』を展示。『青磁袴腰香炉』は明治期以来の一般公開、『謡本』は初公開。

■展覧会概要
雲ひとつない晴れた日に原美術館ARCを訪れて最初に目にするもの――それは大きな青空です。青空と山々の深緑や紅葉、そして青空と端正な黒色の磯崎新建築とのコントラストは、恐らくここでしか見ることのできない感動の光景。しかしよく見ると、青空の青さにはわずかに濃淡があります。輝く太陽の周りは少し白っぽく、太陽から離れるにつれ青さが増してゆく。思い描く理想の青い空は太陽の反対側にあります。
本展では、「青空は、太陽の反対側にある」をキーフレーズに、自身の理想を求めて当時の美術的・社会的動向に背を向けた荒川修作や久保田成子、ギルバート&ジョージやヨーゼフ ボイスなど、国内外の作家の表現を展観します。 まず、現代美術ギャラリーA、B、Cでは、常識や慣習、既存の価値観に抗うことで、または視点を変えることで独自の地平を切り開く作家や、声高ではなくとも社会や美術の潮流に疑問を呈する作家、そして自身の心に深く潜ることで新たな表現を浮上させる作家の作品をご覧いただきます。
一方、特別展示室 観海庵には、鎖国の江戸期に西洋絵画や科学に傾倒した司馬江漢や、「朦朧体」と揶揄されながらも墨線を否定し、独自の表現を切り開いた横山大観の作品を展示します。また、通常は東京国立博物館に寄託している原六郎コレクション、『青磁下蕪花瓶』(国宝)と『青磁袴腰香炉』がお里帰り(展示期間:3月24日~4月26日)。どちらも爽やかな青空色が美しい名品です。さらに、「光悦本」と呼ばれる希少な古活字本である『謡本』を帖を替えながら通年展示。記録に残る限りでは、『青磁袴腰香炉』は明治45年に東京帝室博物館(現 東京国立博物館)開催の特別展覧会「和漢青磁器」展以来の一般公開、『謡本』は初公開となります。
輝く太陽にあえて背を向け、順光に映し出される鮮やかな青空と原美術館ARCをどうぞご堪能ください。

出品作家

第1期(春夏季)2023年3月24日(金)―9月3日(日)
現代美術:艾未未(アイ ウェイウェイ)、安藤正子、イェルク インメンドルフ、河原温、リー キット、ギルバート&ジョージ、スラシ クソンウォン、佐藤時啓、須田悦弘、ルフィーノ タマヨ、ジャン デュビュッフェ、奈良美智、ゲオルク バゼリッツ、A. R. ペンク、ヨーゼフ ボイス、張洹(ジャン ホワン)、やなぎみわ、ジム ランビー、ロイ リキテンシュタイン、ジャン=ピエール レイノーなど
古美術:『青磁下蕪花瓶』(国宝)、『青磁袴腰香炉』、『青磁水注花入』、『光悦謡本』、狩野派『花鳥図屏風』、『紫陽花蒔絵重箱』、本阿弥光悦『蝶下絵和歌巻(古今和歌集春歌上)』など

ギルバート&ジョージ『成熟』1986年 写真 241.3 x 151.1cm
© Gilbert&George

横尾忠則『戦後』1985年 セラミックにシルクスクリーン
240.0 x 240.0cm © Tadanori Yokoo

やなぎみわ『My Grandmothers: AI』2003年 ライトジェットプリント
180.0x240.0cm ©Miwa Yanagi

狩野派『花鳥図屏風』(右隻)桃山~江戸時代 紙本墨画 六曲一双
163.3 x 383.4cm(三井寺旧日光院客殿障壁画)
※第1期 前期展示(2023年3月24日から6月中旬)

『青磁水注花入』年代不詳 磁器 撮影:木暮伸也 
※第1期 前期展示(2023年3月24日から6月中旬)


第2期(秋冬季)2023年9月9日(土)―2024年1月8日(月・祝)
現代美術:カレル アペル、荒川修作、アルマン、アルマンド、アンディ ウォーホル、クレス オルデンバーグ、工藤哲巳、久保田成子、クリスト、ヴィレム デ クーニング、篠原有司男、セザール、アントニ タピエス、蜷川実花、エルネスト ネト、森村泰昌、ロバート メイプルソープ、マーク ロスコなど
古美術:司馬江漢『冨嶽図』、横山大観『海辺曙色図』、『光悦謡本』、本阿弥光悦『蝶下絵和歌巻(古今和歌集春歌上)』など

篠原有司男『シマウマとライオンのイチゴ合戦』1992年
カンヴァスにアクリル絵具 210.0 x 360.0cm © Ushio Shinohara
撮影:木暮伸也

蜷川実花『PLANT A TREE』2011年 Cプリント
48.5 x 72.8cm ©mika ninagawa

本阿弥光悦『蝶下絵和歌巻(古今和歌集春歌上)』(部分)
江戸時代紙本金銀泥絵墨書 一巻 33.2 x 372.2cm


通年展示作品
アニッシュ カプーア「虚空」、草間彌生「ミラールーム(かぼちゃ)」、宮島達男「時の連鎖」、森村泰昌「輪舞(双子)」、奈良美智「My Drawing Room」、束芋「真夜中の海」など

奈良美智『My Drawing Room』2004/2021年 312.0 x 200.5 x 448.0cm
©Yoshitomo Nara 撮影:木暮伸也

鈴木康広『日本列島のベンチ』2014/2021年 ©Yasuhiro Suzuki
撮影:木暮伸也

森村泰昌『輪舞(双子)』1994/2021年 ミクストメディア
©Yasumasa Morimura 撮影:木暮伸也



*特別展示室「觀海庵」は、第1期、第2期ともに会期中各1回の展示替えがあります。
*新型コロナウイルス等の影響により、会期変更の可能性があります。最新情報は当ウェブサイトでご確認ください。

開館時間

9:30 am-4:30 pm(入館は4:00 pmまで)

休館日

木曜日(祝日と8月を除く)、展示替え期間、1月1日

入館料

一般1,800円、大高生1000円、小中生800円
・原美術館メンバーシップ会員は無料、学期中の土曜日は群馬県内の小中学生の入館無料
・70歳以上の方、障がいのある方は特別料金規定あり
・団体の入館についてはお問合せください

※カフェ、ミュージアムショップのみご利用の場合も原美術館ARCへの入館料が必要です。