Contents

展覧会情報

バナー画像
次回の展覧会

「ソフィ カル ─ 限局性激痛」原美術館コレクションより

会期:2019年1月5日[土]─3月28日[木]

1999年~2000年に原美術館で開催したソフィ カル「限局性激痛」を、フルスケールでご覧いただく再現展を開催いたします。当時の展覧会終了後、全作品が当館コレクションに収められたため、この再現展示が可能となりました。
ソフィ カルは、1953年パリ生まれ。主に写真と言葉で構成した物語性の高い作品の制作で知られます。「限局性激痛」とは、医学用語で身体部位を襲う限局性(狭い範囲)の鋭い痛みや苦しみを意味します。本作は、カル自身の失恋体験による痛みとその治癒を、写真と文章で作品化したものです。人生最悪の日までの出来事を最愛の人への手紙と写真とで綴った第1部と、その不幸話を他人に語り、代わりに相手の最も辛い経験を聞くことで、自身の心の傷を少しずつ癒していく第2部で構成されています。この作品は、1999年、原美術館での展覧会のためにまず日本語版として制作され、その後フランス語や英語版も世界各国で発表されました。
自身の人生をさらけ出し他人の人生に向き合うカルの制作は、しかし一方で虚か実か判然としない曖昧さも漂わせます。鑑賞者にさまざまな問いを投げかけるカルの作品を、この機会に是非ご覧ください。