Contents

展覧会情報

バナー画像
現在開催中

リー・キット「僕らはもっと繊細だった。」

会期:2018年9月16日[日]- 12月24日[月・祝]

2013年ヴェネチアビエンナーレで脚光を浴び、アジアのアートシーンを牽引する注目の作家リー・キットが、2018年秋、日本の美術館では初の個展を開催。原美術館のための新作インスタレーションを発表

原美術館での展示 撮影:武藤滋生
ⓒ Lee Kit, courtesy the artist and ShugoArts

現在は台北を活動拠点にするリー・キット(李傑/Lee Kit)は、中国への返還(1997年)を経て変貌していく故郷・香港でアーティスト活動をスタートしました。
初期作品のうち、布に絵具で格子柄などを描いた絵画シリーズは、色と柄のある“抽象”絵画でもあれば、日用品としての機能をもった布(=テーブルクロスやカーテン等)という姿・形を備えた“具象”であるとも言え、絵画の概念を広げる革新的な作品群でした。そして2013年、ヴェネチアビエンナーレ香港館の屋内外に展開した自在なインスタレーションは、ウォール ストリート ジャーナル紙が「必見の展示ベスト5」に挙げるなど、国際的な注目を集めていきます。近年は、絵画やドローイング、プロジェクターの光や映像、さらには家具や日用品等を配置し、展示空間全体を淡い色調の絵画のように仕上げたインスタレーションに力を入れ、欧米アジア各地で発表を続けています。
独特の歴史的背景を持って揺れ動く街・香港を出自とするリー・キットは、アートという開かれた表現を通して自身のあり方を問い、自分が今を生きる世界と向かい合おうとしています。そして、展覧会を開催する場合、その街、その場所の空気や感情に静かに寄り添い、サイトスペシフィックな作品(=特定の場所に存在するために制作すること)を創り上げるのも大きな特徴です。近年の東京での個展(資生堂ギャラリー、シュウゴアーツ)で発表した作品も、東京の空気や人々から感じ取ったものが根底にあります。したがって、元は原家の私邸であり、第二次世界大戦を乗り越え、GHQから返還された後に美術館として40年の時を経ようとしている原美術館は、そのようなリーにとって、これ以上ない時空間であると考えています。リーがここで何を感じ、どのような“絵画”を描くのか、本展はリーの魅力が遺憾なく発揮される機会となるでしょう。

原美術館での展示 撮影:武藤滋生
ⓒ Lee Kit, courtesy the artist and ShugoArts

1978年香港生まれ。2008年香港中文大学美術学部修士課程修了。台北を拠点に、アジア、アメリカ、ヨーロッパ各地で滞在制作を行い、美術館、ギャラリー、アートスペース等での発表を続けている。2013年、ヴェネチアビエンナーレの香港代表。2016年にはウォーカー アート センター(アメリカ、ミネアポリス)とS.M.A.K.(ベルギー、ゲント)において個展を同時開催。2017年にはパレ ド トーキョー(フランス、パリ)の「Sous le regard de machines pleines d’amour et de grâce」展に参加。日本では、2010年よりシュウゴアーツにて3度の個展の他、2015年に資生堂ギャラリーにて「The Voice Behind Me」展を開催。広島市現代美術館のグループ展「被爆70周年 ヒロシマを見つめる三部作/ふぞろいなハーモニー」(2015年)に参加。

会期

会期:2018年9月16日[日]- 12月24日[月・祝]

主催

原美術館

助成

一般財団法人MRAハウス

協賛

株式会社資生堂

協力

シュウゴアーツ

開館時間

11:00 am – 5:00 pm
水曜のみ8:00 pmまで開館(祝日を除く)※入館は、閉館時刻の30分前まで

休館日

11:00 am – 5:00 pm
月曜(祝日にあたる9月17日・24日、10月8日、12月24日は開館)、9月18日・25日、10月9日

入館料

一般/1,100円、大高生/700円、小中生/500円
(原美術館メンバーと70歳以上の方は無料、学期中の土曜日は小中高生の入館無料、20名以上の団体は1人100円引)

[ギャラリーガイド]
日曜・祝日には、当館学芸員によるギャラリーガイドがあります。(2:30 pmより、30分強)

 

[本展の撮影について]
本展出品作品に限り作家の許可を得て撮影可能です。撮影時は館内に表示されている注意事項をお守りください。動画・フラッシュ・三脚はご使用いただけません。#リーキット#原美術館 #LeeKit #HaraMuseum

 

[ザ・ミュージアムショップより]
展示風景写真と作家インタビューを掲載した展覧会図録が11月中旬以降に発売される予定です。またリー・キット展オリジナルマグカップを好評販売中です。

 

[カフェ ダールより]
お食事やドリンクに加え、展覧会期限定「イメージケーキ」をお楽しみいただけます。