Contents

展覧会情報

バナー画像
過去の展覧会

狩野派の画人たち─原六郎コレクションの名品

会期:前期 2019年3月9日[土]-5月8日[水]/ 後期 5月10日[金]-6月30日[日]


狩野永徳「虎図」(三井寺旧日光院客殿障壁画)桃山時代【前期】

前期 2019年3月9日[土]-5月8日[水]
後期 5月10日[金]-6月30日[日]

室町から江戸まで、ほぼ4世紀にわたって画壇に君臨した狩野派は、近世日本美術史を代表する画家集団で、原六郎コレクションにも多数含まれています。本展は「三井寺旧日光院客殿障壁画」と「狩野派寄合書」を中心に、狩野派の画人たちによる絵画表現の魅力をご鑑賞いただきます。

古美術 出品作品
【全期】円山応挙「淀川両岸図巻 下図」江戸時代/「近江八景図料紙箱」江戸時代/「近江八景図硯箱」江戸時代
【前期】狩野永徳「虎図*」桃山時代/狩野派「花鳥図*」桃山~江戸時代/狩野隼人「通玄先生図**」江戸時代 など
【後期】狩野永徳「虎図*」桃山時代/狩野派「花鳥図屏風*」桃山~江戸時代/狩野探幽「李白観瀑図**」江戸時代 など
現代美術 出品作家
アニッシュ カプーア/今井俊満/ロバート メイプルソープ/アーロン フィンク など
*(三井寺旧日光院客殿障壁画) **(狩野派寄合書)